セレモニーホールの「エアコン洗浄」

千葉県房総地区で最大手のセレモニーホールの1つ エアコン室内機22台のエアコン洗浄を行いました。

エアコン洗浄作業-1ローリングタワーでの洗浄作業
エアコン洗浄作業-2会食室の洗浄作業
エアコン洗浄作業-3
室内機22台を洗浄したメリット、汚れによる電気代のロスを検討

<結果> 次の通りです。
エアコン洗浄の効果
現状の年間電気代=(洗浄後の年間電気代)+(現状までの汚れによる電力ロスの電気代)と定義します。
エアコンの総設備容量49馬力、負荷率14%、年間電気代は、49馬力×2万円=98万円です。
汚れの程度から、熱効率のロス20%電力ロスによる電気代、98万円×20%=20万円、3年周期で洗浄すると、60万円の電気代ロス、1台当り、60万円÷22=2.7万円以下で洗浄すれば、メリットがあると判定します。

※負荷率14%とは、コンビニの28%のデータを基に施設のエアコンの使用状況を調査して、当社が推定した値。
エアコンの定格容量(カタログ値)に対する実際の使用電力の割合、年間の平均値。

記事を書いた人

N.Nishimura
N.Nishimuraエネルギー管理士、毒物劇物取扱者
エアマル株式会社 会長

関連記事

  1. プラスチック部品成形工場の「エアコン洗浄」 エアコン5馬力×24台

  2. 食品工場の「床置形エアコン」洗浄のメリット、電気代ロスを試算

  3. 千葉県の野菜直売店の「エアコン洗浄」を行いました。

  4. 防カビ剤のテスト、1年後の確認

  5. ATM施設の「エアコンクリーニング」は、ガードマン付で

  6. 86 作業者がむせない、安全な洗浄剤の商品化に成功

テキストのコピーはできません。