コンビニエンスストアの「エアコン洗浄」は1年周期が適切です

コンビニエンスストアのエアコン洗浄を行いましたので報告いたします。

標準的な30坪のコンビニの店舗には、室内機5馬力×2台、10馬力のエアコンが設置されております。
年中無休でエアコンを稼動、省エネ、節電の課題があります。
写真のように1年間の使用で大変汚れております。
洗浄しないで使用を続けると、水漏れ等のトラブル発生しやすいリスクの高い環境になります。
また、電気代も初期に対して10万円程度のアップとなっており、電気代の損失に繋がっております。

電力使用量のデータの分析のグラフ

東京大学、坂本雄三教授研究室が4店舗のコンビニで計測した電力使用量のデータの分析です。
(2004年8月、日本建築学会大会学術講演会梗概集)

コンビニ電力の内訳

コンビニのエアコン洗浄効果、電気代削減を試算いたします。

<結果>
エアコン洗浄の効果
エアコンの使用電力は、170000×0.11=18700Kwh。単価kwh=25円とすると、48万円となります。
汚れによる電気代ロス(20%程度)を含んでいると見做すと、48万円×0.2=約9万円の削減効果があります。
洗浄すれば、48万円⇒39万円程度の電気代に低減。
汚れに具合やエアコンの設置環境によりますが、1年後には9万円程度の電気代の増加となります。

この記事を書いた人

N.Nishimura
N.Nishimuraエネルギー管理士、毒物劇物取扱者
エアマル株式会社 会長
047-440-2714
「型番」
「製造年」

関連記事

  1. 食品工場「エアコン洗浄後」の電気代の削減を計測

  2. 印刷工場の「エアコン洗浄」 電気代の削減を試算

  3. 洗浄用の足場

    金属加工部品工場の「エアコン洗浄」

  4. 千葉県の野菜直売店の「エアコン洗浄」を行いました。

  5. 機械工具商社 事務所の「エアコン洗浄」のメリット

  6. 中華料理店の「エアコン洗浄」

テキストのコピーはできません。