工場分野、油で汚れたエアコン用の洗浄剤の開発

s-エアコンアルミフィン洗浄剤の選定
上図の右側の写真は、生産工場における工場用エアコンのアルミフィンの油汚れです。
食品工場と金属加工工場の油汚れとは、油の性状が違うので、夫々に適した洗浄剤と洗浄方法の選定が必要であります。

食品工場の油汚れは、食材と油脂の混合物であるので、アルカリ性の洗浄剤を50℃程度のお湯に混合、6MP以上の高圧ポンプで噴射して、洗浄する必要があります。
過去に何度か、金属加工工場のエアコンを前記した方法で洗浄したが、不満足な洗浄結果でありました。
金属加工工場では、鉱質の切削油を使用している場合が多いので、有機溶剤で洗浄する必要があります。
しかし、塩素系の有機溶剤は、作業者に障害を与えるので、有期溶剤作業主任者の資格が必要であり、一般的な作業環境では、使用できません。フッ素系のフロンは、オゾン層破壊、モントリオール議定書により使用禁止となっております。
残るは、石油系のターペンであるが、消防法で危険物に指定されているので、消火体制を準備して、作業に当たる必要があります。
したがって、油汚れに対処するには、上記の内容を理解できる知識と経験智が必要であります。

この記事を書いた人

N.Nishimura
N.Nishimuraエネルギー管理士、毒物劇物取扱者
エアマル株式会社 会長
047-440-2714
「型番」
「製造年」

関連記事

  1. オフィス(船橋市)の天カセ形4方向エアコンの洗浄

  2. ピザレストランの「エアコン洗浄」

  3. 防塵ネット

    飲食店のエアコン「防塵ネット」

  4. 室外機洗浄-1

    介護施設の「エアコン洗浄」

  5. 介護施設の「エアコン洗浄」 電気代削減はどの位か?

  6. グラス製造工場「エアコン洗浄」による冷房能力回復

テキストのコピーはできません。