食品工場「エアコン洗浄後」の電気代の削減を計測

船橋市のお客様。食品工場の夏休み9日間に、

冷蔵倉庫のエアコン電源回路に電力計を設置。

5日目に室内機と室外機の両方を洗浄、

洗浄後の電気代の削減効果を計測しました。

次のグラフに示すように、

洗浄後は35%低減を計測しました。

setuden

外気温度の平均値、洗浄前と洗浄後で

その差0.3℃と小さく、

外気温の変動の影響は無視できる好適な試験環境でした。

食品冷蔵倉庫の電力変化(9日間)

次の写真は、その時の室内機アルミフィンの汚れの様子です。

アルミフィンの汚れ

上記のデータを活用して全国的な規模で計算、

節電事業を考察します。

日本全国の総年間電気代は、約20兆円、

その内空調費の割合は約30%程度、6兆円と推定すると、

その35%をロスが発生していると見做すと、

2兆円規模となります。

その50%、少なくとも将来1兆円規模の

節電事業を創出できると考えられます。