プラスチック部品成形機の「チラーユニット洗浄」

大手建材製品工場。

プラスチック部品成形機のチラー、室外機の熱交換器アルミフィンを洗浄しました。

洗浄のメリット、電気代の削減効果を試算します。

<結果>

チラー洗浄の効果

現状の年間電気代=(洗浄後の年間電気代)+(現状までの汚れによる電力ロスの電気代) と定義します。

18馬力の設備容量、負荷率20%(コンビニは28%)とすれば、

年間電気47万円(単価20円)、これに汚れによる電力ロス7万円が加わります。

年間電気代約54万円、汚れによるロス15%発生中

洗浄により約15%(7万円)削減と試算します。

本設備は、7万円以下の費用で毎年洗浄を行っております。

10馬力以上のチラー室外機は、稼働率にもよりますが、

費用対効果を考量すると、毎年洗浄した方がメリット大であります。

エアコン洗浄作業-1

<裏側のアルミフィンの洗浄の様子>

エアコン洗浄作業-2

※負荷率20%とは、

コンビニの28%のデータを基に工場のエアコンの使用状況を調査して、当社が推定した値。

エアコンの定格容量(カタログ値)に対する実際の使用電力の割合、年間の平均値。