室外機へ「エアマル節電塗装(節電効果のある塗料の塗布)」を行い、電気代の削減効果を試験しました。

エアコンの節電効果の手段の一つとして、室外機に「エアマル節電塗装」を行い

電気代の削減効果 を試験しました。

(エアマル節電塗装とは… 室外機に節電効果のある塗料を塗布することです。)

鎌ケ谷市の新設食品工場の冷凍倉庫で「電気代の削減効果」の試験を行いました。

1ヵ月間のフォローの結果、10%の電力の削減を計測しました。

その後、室外機の筐体パネルの内側にも「エアマル塗料」を塗布したところ、

14%の電力の削減を計測しました。

以下詳細を、記載します。

<電気代「削減効果」の試験>

2つの冷凍倉庫。同じ大きさで同じ温度(マイナス25℃設定)で使用中。

室外機2台に電力計を設置して

室外機1台に「エアマル節電塗装」を行い

電力量(w)を6月の1ヵ月間計測し比較しました。

↓ 「エアマル節電塗装」の様子です。

エアマル節電塗装

<施設のエアコン室外機の設置環境>

エアコン室外機

次のグラフは、2台の電力データを集計(30日間)比較しています。

が「塗装なし」、が「塗装あり」です。

いずれの日も青の値が若干、大きいです。

すなわち、赤のグラフ(塗装あり)は、塗装の効果で10%程度の

電気代の削減効果があることを示しています。

グラフにおいて、1週間毎の工場休業日は、電力量(w)が稼働日の50%程度に低減していることも分かります。

6月 電力比較

<2台の電力計を設置した配電盤>

配電盤に電力計を設置

尚、本試験は、平成25年度の経済産業省の補助金事業に

採択されて計画・実施したものです。