カビ汚染状態の「床置エアコンの清掃」

大手工場の社員食堂の床置きエアコンのカビ汚染対応とエアコン洗浄を行いましたので報告いたします。

作業報告
上記写真の左上は、床置きエアコンの設置状況です。

床置きエアコンを壁に埋め込んであり、アルミフィン、送風ファンの奥にある裏面パネルは外し難い環境での作業でした。
グラスウォールの断熱材をパネルから取り除き、エアロフレックス断熱材に貼り替えました。アルミフィンは高圧洗浄機で洗浄しました。

記事を書いた人

N.Nishimura
N.Nishimuraエネルギー管理士、毒物劇物取扱者
エアマル株式会社 会長

関連記事

  1. 食品工場の「床置形エアコン」洗浄のメリット、電気代ロスを試算

  2. 防カビ剤のテスト、1年後の確認

  3. 病院(鎌ヶ谷市)の「エアコン洗浄」

  4. 防カビ「エアクリーンC剤」の効果試験

  5. 床置きエアコン、洗浄の様子

    67 床置きエアコン、パナソニック「S-G450BES1」(16馬力)を洗浄しました。

  6. 食品工場「カビ対策」 ⇒ エアコン断熱材の貼り替え

テキストのコピーはできません。