スプレー缶は役に立つのか?

スプレー缶は役に立つのか、スプレー缶の功罪を記したいと思います。
結論から言うと、エアコン本体の洗浄剤としては役に立たないです。フィルターを洗浄する程度の道具で、そのためには高い商品です。

16年前、業界紙「エアコン流通人」からの取材を受けました。

16年前の業界紙「エアコン流通人」記事

業界紙「エアコン流通人」の取材を受けた記事

取材に対する筆者の回答は、次のようなトラブルが発生しているから使用しないようにと話しました。

  1. 誤って、制御基板にスプレー、基盤を破損、結果として高額の修理代を払った。
  2. 薬液の成分に苛性ソーダ入りが多いので、アルミフィンに孔を空けた。
  3. スプレーしたら、耐えられない臭いの風が出る。耐えられない、どうにかして。
  4. スプレーしたら、1〜2週間後に水漏れ発生。

一方、スプレー缶の貢献は、エアコン内部は大変汚れているので、3年周期程度で内部を洗浄する必要があることを生活者に広めました。さらに、アトピー性鼻炎、夏かぜの一要因、健康維持、快適な生活環境の形成にはエアコンクリーニングが必要なことを生活者に喚起しました。

この記事を書いた人

N.Nishimura
N.Nishimuraエネルギー管理士、毒物劇物取扱者
エアマル株式会社 会長
047-440-2714
「型番」
「製造年」

関連記事

  1. 工場分野、油で汚れたエアコン用の洗浄剤の開発

  2. 酸素系洗浄剤「エアクリーンD剤」の洗浄力試験

  3. 作業者がむせない、安全な洗浄剤の開発に成功

  4. 62 エアコンクリーニング 作業者がむせない安全な洗浄剤の開発に成功・・

  5. 写真:GHP

    92 パナソニック「U-GH450S1DR」、GHP室外機の洗浄

  6. 当社開発の洗浄剤「エアクリーンD剤」と苛性ソーダとの比較試験

テキストのコピーはできません。