介護施設の「エアコン洗浄」 電気代削減はどの位か?

千葉市の介護施設、居室28部屋(収容50名)の

三菱電機製エアコン84台(内68、外16)を洗浄しました。

電気代削減の効果はどのくらいかを調査しました。

 

<東京電力領収書の月次データ>

エアコン年間電気代

施設の年間電気代790万円。

ピークの1月、2月が80万円台、最小の5月が40万円台と、

エアコンの使用状況で変動しています。

エアコンの年間電気代は、

エアコン設備容量135馬力、負荷率18%とすると、435万円、55%と推計。

<エアコン洗浄後の電気代の推移>

洗浄後の電気代推移

汚れの程度から、電気代のロスは、年間73万円、17%程度と推定されます。

 

次のグラフは、

室内機54台の風速の劣化を計測した図で、

平均で、4.2⇒4.8m/s、12%の劣化を計測しました。

エアコン室内機の風速変化

施設のエアコンは、設備容量135馬力、年間電気代435万円。

1馬力当たり、年間約3.2万円で稼働していると計算できます。

なお、設備の負荷率は18%程度(コンビニは28%)と推定しました。

※負荷率18%とは、コンビニの28%のデータを

基に施設のエアコンの使用状況を調査して、

当社が推定した値。エアコンの定格容量(カタログ値)

に対する実際の使用電力の割合、年間の平均値。