「エアコンクリーニング」ブラシング工程は必須である

アルミフィンのブラシング工程

アルミフィンの洗浄でブラシング工程は必要でしょうか?
必須であります。
次の実験結果で明らかとなりました。

<結果>

エアコン丸洗いの作業は、次の4つの工程を行っています。

  1. アルカリ液を噴霧
  2. ブラシング工程
  3. 酸液を噴霧
  4. 水道水を噴霧

当社では必ず、ブラシング工程を入れて洗浄しています。
なぜならば、次の廃液の写真を見てください。
廃液の比較
Aの廃液は、1~4すべての工程を行った後の廃液です。
(1.アルカリ液を噴霧⇒2.ブラシング⇒3.酸液を噴霧⇒4.水道水を噴霧)
Bの廃液は、上記工程で2.ブラシング工程を省いた時の廃液です。

水圧のみのBの廃液と同じ程度の汚れたAの廃液が出てきました。
アルミフィンの断面を良く見ると、アルミフィンの吸込面側10mm位に汚れが集中しています。
ブラシングにより、この汚れを除去していることを理解しました。

ノズルの先端にブラシ付きのノズルを考案し、洗浄とブラシングを同時にできる洗浄方法を特許出願しました。
ブラシ付きノズル

関連記事

  1. ATM施設の「エアコンクリーニング」は、ガードマン付で

  2. 給食センター施設のエアコン洗浄

  3. 86 作業者がむせない、安全な洗浄剤の商品化に成功

  4. 第25回全国大会、エアコンクリーニング協会

  5. 事務所「エアコン洗浄後」の電気代の削減効果

  6. 社長 西村直人

    フロン排出抑制法が強化されます!

テキストのコピーはできません。